医院のブログ

ブログ

2022.04.04

いよいよインビザラインの治療の開始です!


歯型をスキャニングして、シミュレーション画像にて治療計画を確認していただいた後、1〜3週間するとカスタムメイドのアライナー(マウスピース)が届きます。 アライナーの着脱の練習やお手入れの仕方を説明させていただき患者様にお渡ししたら、いよいよ治療が始まります! アライナーは1日20時間以上使用してくだ […]

続きを読む

2022.04.01

矯正治療中の食事について


・装置にからみやすい粘着性のあるもの ガム、キャラメル、ハイチュウなどは、ブラケットなど装置が外れることがあるので控えるのが最善です。 ・繊維性の野菜 ほうれん草、ニラ、ネギ、えのき、もやしなどの繊維質の物は、ブラケットなどに絡みやすいため食べにくい場合があります。ただし、これらの食べ物も短く切って […]

続きを読む

2022.02.13

マウスピース型矯正装置(インビザライン)による治療が始まるまでの流れ


①装置用の歯型採得 アイテロ(iTero)という3D光学スキャナーを使ってお口の中を撮影し歯列、歯の形、噛み合わせをデータとして取得します。 アイテロを用いることでスピーディーかつ精密に歯型を採取することができます。また従来の粘土のような材料を使用しないため、歯型を採ることが苦手な方や嘔吐反射が強い […]

続きを読む

2022.01.13

一期治療で使う装置の種類について


一期治療は混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期)に行う矯正治療です。 上下の顎のバランスを整え、正しい歯並び・噛み合わせを目指すため、成長の時期を利用して行う一期治療でよく使用する装置をご紹介します。 機能的矯正装置: 上顎前突(出っ歯)や過蓋咬合(噛み合わせが深い)、反対咬合(受け口)などを […]

続きを読む

2022.01.12

マウスピース型矯正装置(インビザライン)で起こりやすいトラブルとその対処法について


①アタッチメント・ボタンが外れた インビザラインでは歯を効率よく動かすためにアタッチメントと呼ばれる突起を歯の表面に付けたり、ゴム掛けを行って頂くためにゴムを引っ掛けるボタンやフックをつけることがあります。 アタッチメントとボタンはマウスピースの着脱の際やお食事の際などに外れてしまう事があります。 […]

続きを読む

2022.01.11

矯正治療中の痛みについて


ブラケットを装着して矯正治療をしているときには痛みがあります。 痛みの種類をについてご説明します。 矯正器具による痛み 歯の表側や裏側に付けた装置をつけた直後は、まだお口の中で慣れていないので頬や唇や舌に接触して痛いことがあります。 口内炎の塗り薬、矯正器具をカバーする矯正用ワックスで痛みを防ぐこと […]

続きを読む

2021.10.05
外科的矯正治療の流れを写真で説明

外科的矯正治療の流れ


歯並びだけではなく、上下のあごの骨の大きさやバランスが悪く、矯正歯科治療単独では噛み合わせを治すことが困難な場合にあごの骨の手術を併用して噛み合わせを改善する治療法があります。 矯正歯科と口腔外科と連携して、術前矯正歯科治療→外科的手術→術後矯正歯科治療という順に治療を進めていきます。 今回はその治 […]

続きを読む

2021.10.04

子どものうちになおしたい癖


→歯並びや噛み合わせに影響を与える子どもの癖 1.指しゃぶり 赤ちゃんの頃の指しゃぶりは自然なことですが、3歳を過ぎた頃になっても日常的にしていると、指しゃぶりをすることで前歯に圧をかけている状態になり、指を吸う力によって上顎が狭くなってしまい、結果的に奥歯の歯並びにも影響が出る可能性があります。指 […]

続きを読む

2021.08.07

舌癖(ぜつへき)の改善


舌癖は、成長と共に自然に治るものではありません。 舌癖があると歯並びに影響が出てきてしまい矯正治療が完了しにくく、矯正治療で歯並びがきれいになっていっても後戻りしてしまう可能性もあります。 トレーニングをして舌やお口周りの筋肉を鍛え、舌癖を改善していきましょう! お家で簡単にできるトレーニングをいく […]

続きを読む

2021.07.04
舌癖が歯並びに影響します

舌癖はどうして起こるの?舌癖があるとまずいの?


なぜ舌癖が起こるのか、また舌癖が及ぼす影響について今回はお話します。 1.舌癖の原因 ・鼻や喉の病気による口呼吸(鼻炎、蓄膿症、アデノイド、扁桃腺肥大など) 鼻呼吸が出来ず、口呼吸となると舌が低い位置にとなり飲み込む際に舌を突出する癖がつきます。 舌小帯が短い 舌をしっかり上に挙げられないため舌が低 […]

続きを読む