矯正治療について

ラビアル矯正とは

歯の表側に”ブラケット”という矯正器具を貼り、ブラケットの溝にワイヤーを通して歯を動かしていく方法で、最もスタンダードな治療法です。

ラビアル矯正のメリット

実績が多く改良も重ねられており、強度と安定性があり確実性が高い方法です。通常、「矯正装置」といえば、この「ラビアル矯正」をイメージされると思います。矯正治療中の歯磨きも直視しながらできることと、リンガル矯正に比べるとしゃべりにくくないこともメリットです。費用においてもリンガル矯正と比べ、汎用の装置を使用するため比較的安価となります。

ラビアル矯正のデメリット

リンガル矯正やマウスピース矯正の装置に比べると目立つのが短所ですが、白や透明の審美ブラケットや、ホワイトワイヤを使用することで、目立ちにくくすることができます。